Skip to content

トイレの縁の汚れをきれいにしたい!

トイレの便器の縁にこびりついた汚れ、気になりますよね。トイレブラシなどが当たりにくく、汚れがたまりやすい箇所です。
便器の内側の縁に汚れがつくのは、尿が飛び散った後に蒸発して、黄ばみのある汚れが付着してしまったためです。頑固な汚れなので、どうにか頑張って落とそうとしても、なかなか難しいものです。
やっかいな尿石をできるだけ簡単に落とすには、トイレ用酸性洗剤を使うことです。ドラッグストアなどで「サンポール」といった洗剤を購入することができます。
ゴム手袋をはめてから、トイレの縁にトイレットペーパーを詰めておきます。上から酸性洗剤をたっぷりつけて、そのまま3分程度、放置します。トイレットペーパーの上からトイレブラシでこすって、汚れを落とします。水を流して、掃除は完了です。
頑固な汚れを落とすには、洗剤をつけるだけではなく、一定時間、なじませてから落とすことが必要です。
トイレブラシには、縁にもあてやすいタイプを購入しておくと、よりきれいに掃除ができます。