Skip to content

我が家のお風呂場の清掃、クリーニングの仕方

普通の家の中の水回りと言ったら、流しを始めお風呂場、トイレ、洗面所が主たるところでしょう。 中でも水を使うところは流し場やお風呂場になりますが、特にお風呂場の場合は湯気や蒸気が出ますので、水垢のほかにカビ(黒カビ)が発生します。 水垢ならなんとか我慢ができますがカビは何となくいやらしく我慢だ出来ません。 そんなことで黒カビが発生しだしたら出来るだけ早めにクリーニングをすることにしています。

その前に我が家のお風呂場の水回りの対策として、特に水の滲み込み防止のために浴槽と壁や床との据え付けの境い目には、白いコーティング剤(シリコン系のコーティング剤)を接触している角々に塗りつけています。 一般に浴室、お風呂場というのは当然ながら湿気が多く、カビや水垢が発生しやすく汚れが発生しやすい場所になります。

さて、汚れた清掃クリーニングの方法ですが、浴槽の水を新しく交換するときはブラッシングして浴槽内と周辺部分はよく清掃します。 次に月に一度くらいは水垢など周辺の壁(タイル張り)に発生した場合は中性洗剤やクリーナーを使ってブラッシングして落とします。 さて、次にカビ、特に黒カビが壁上部や天井に発生した場合は、半年、又は年末などにおいて我が家では強力カビキラーを噴射してカビを抹殺致します。 このカビキラーは塩素系の強力なもので匂いの強いガスを発生させます。 従って、開口部は開放してマスクやゴム手袋を着装して仕事をします。 この際にはカビは1から2時間程度でキレイに落ちて無くなります。